しまなみ海道サイクリング

今年、にわかサイクリストとなりましたが、人気が高いと言われるしまなみ海道を2日間サイクリングしました。

尾道グリーンホテル前泊、ぐるっと瀬戸田周遊パスを2000円で購入(総額5150円分なので、かなりお得感あり)

翌日07:50尾道→08:29瀬戸田 フェリー

09:00~11:00 耕三寺平山郁夫美術館をパスを利用してさくっと見学

11:00瀬戸田町観光案内所で自転車をレンタル

Specialized社製のタイヤ幅が太いタイプで2日で2200円でした。

多々羅道の駅(サイクリストの聖地碑)で昼食

14:30 今治駅到着後、今治城や55番札所南光寺を回り、駅前のクラウンヒルズホテルにチェックイン

翌々日07:30今治ホテル出発

10:00瀬戸田観光案内所に自転車返却、レモンケーキ、ミカン、干し蛸を購入

11:20瀬戸田→11:59尾道 フェリー

ざっと以上のような日程でした。

尾道~今治間の所要時間を検索すると以下のようにあります。

・本気ライダー:約3時間

・早い人:4-5時間

・体力に自信がある人:5-6時間

・初心者:8-10時間

自分は6時間くらいかなと想定しましたが、片道45kmのコースを、行きはゆっくりで3.5時間、帰りは2.5時間で行けたことを考えると、全行程でも4時間程度でも行けると思いました。走ってみた感想は、

・ママチャリだと全行程走破は難しいと思う。

高低差50m以上のアップダウンが8個所あり、獲得総標高は400mとなります。登りで足をついて押すようなママチャリでは厳しい。橋へ上る勾配は計算されているのか、スポーツタイプでギアを軽くすれば漕げますが、大島の宮窪付近が少し苦しいと思いました。

・平均的な所要時間は4-5時間か。

出会ったのはほとんどがロードバイクで、ばっちりサイクルスーツできめている人ばかりでした。片道76kmでは物足りなければ、標高300mの亀老山に立ち寄るということですが、自分にはきついだろうと思います。また往復で150kmありますが、日帰りで往復している人も結構多いような気がします。無理そうなら途中フェリー利用という手があります。尾道⇔生口島(瀬戸田)と、今治港⇔大島(友浦)⇔伯方島は、エスケープのフェリールートとして使えます。

天候にも恵まれ、瀬戸内海に浮かぶしまなみをめぐり、海を覗くと目もくらむような高さの橋を自転車で渡るのはとても気持ちが良い体験でした。大山祇神社へも行きたかったのですが、宝物館がコロナの影響で休館していると聞き、断念しました。国内の国宝武具の8割を保有し、源頼朝の鎧などあるということです。村上海賊ミュージーアムや、水軍遺構も見たかったのですが行けませんでした。所要時間が概ねわかったので、次回には訪問したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

自転車通勤のリスク

次の記事

自転車で消費するカロリー