済州島でドライブ

韓国チェジュ島でレンタカーを借り、3日間運転しました。初めての経験でしたが、無事帰ってきました。国内運転と違う点を報告します。

1.準備:Rentalcars.comというサイトから、Jeju Rent A Carの小型車(Hyundai Accent クラス)を予約。すべて保険込み(車両保険含む)でも、5000円/1日と日本よりは安い。但し予約サイトからの返事は1週間後と遅かったです。1か月前の予約なので気長に待っていましたが、直前予約の場合は要注意です。国際免許証も必須です。まず借りる際に提示を求められ、パスポートと一緒にコピーをとられました。

2.ピックアップ:オフィスは空港の外で送迎バスで向かいますが、場所を人に聞き確認しました。

3.オフィスで:韓国の交通注意点とカーナビの使用方法を英語で説明してもらいました。英語カーナビはオプションで1000円でしたが、絶対に必要です。ハングルは読めず目的地の設定はガイドブックに記載の電話番号としました。

4.路上で:

(1)左折時は、青色信号だけでは進めない。←矢印青信号で出てから左折する。

(2)右折時は、赤信号でも徐行しながら右折可能。2車線の場合は、我々初心者はキープライトで一番右車線に行きたいところだが、右折車の為に開けておくのがマナーらしい。一度、直線可能な右車線を赤信号で停車していたら、後ろからの右折車にクラクションを鳴らされた。

(3)大きな交差点は、ターンアバウトという環状交差点があり、慣れないと難しい。ナビは、9時方向(左折)へ行けとか、11時方向(ほぼ直進)へ行けと指示する。特に2車線の交差点は難しい。

(4)スクールゾーンなどが多く制限速度が頻繁に変わり、すこしでもオーバーすると、ナビ画面で警告を受ける。オービスのような監視カメラも頻繁にあり、現地の車もカメラの前ではブレーキを踏んでいる。

(5)住宅街には、スピードバンプと呼ばれる段差があり、速度を出したまま通過すると跳ね上がってしまう。

(6)マナーは皆、日本より短気です。。日本よりスピードを出さないように運転していましたが、煽られ、1車線でもどんどん追い抜いて行きます。どうぞお先へ。

(7)交通量は、とても多いと感じました。路上駐車も多く、ぎりぎり通れる位狭い場所を通過する必要もあります。車は半分以上がHYUNDAIの新しいモデルで、白色の車が圧倒的に多いと思います。ガソリン価格は日本と同じ位です。

(8)交通システム:アメリカのように車社会なのでしょうか?幹線道路は日本より広く、信号も日本より効率的に設定されています。そのため、交通量は多いが通行はスムーズと感じました。

とにかく、クラクションを鳴らされても動じないよう、余裕をもち安全運転に心がけましょう。私のような初老でもなんとかなります。何せ、最初エンジンスイッチのスタート方法がわからなくて、困り果て近くの若い人に聞いた位のレベルですから。ブレーキを踏みながらスイッチを押すのですね。