初秋のベストシーズンに行くアメリカ東海岸

日程:2018914日(金)-24日(月)

同行者:妻

アメリカ東海岸 (ナイアガラ)

914日(金)―916日(日)

ANA便で羽田からバンクーバ経由でトロント到着は、夜中の1時でした。乗継いだエアカナダ便は5時間も乗っているのに機内食は有料です。早速空港内で深夜営業中のレストランを見つけ遅い夕食となりました。空港内からナイアガラへのタクシーもありますが、早く着きすぎても仕方ないので、空港内で待ちます。朝、5時始発のバスと地下鉄を乗り継ぎ、トロント市内のバスターミナルからナイアガラ行のバスに乗ります。ナイアガラバス停は朝9:30に到着しましたが、町までのWEGOバスはなかなかやってきません。結局ビジターセンターまで1時間かかりました。

ナイアガラの滝は世界3大瀑布の一つですが、なぜか世界遺産に登録されていません。理由については、既に150年以上前から、保護活動や観光対策が徹底しているので、これ以上の「世界遺産ブランド」が必要ないからだと感じました。

観光にはアドベンチャーパスを利用しました。周遊パスを購入すべきかどうかは議論がありますが、目的が決まるので、初めての場所では有効だと思います。日帰りではクリアできないので不要だと思います。以下はパスの寸評です。

1.ジャーニー ビハインド ザ フォール 評価〇:滝の間際を体験。2か所の裏見の滝は時間を割いて並ぶ価値はあるか?

2.ホーンブロアーナイアガラクルーズ 評価◎:パスが無くても、この船とテーブルロック見学は必須。

3.ナイアガラ フーリー 評価△:劇場型アトラクション。わざわざここで体験する必要はあるか?

4.ホワイト ウオータ ウオーク 評価〇:他では味わえない急流が実感できる。

5.ホイール エアロカー 評価〇:川の上をケーブルカーで往復。高所恐怖症の方は遠慮した方がいい.

6.バタフライ コンサバトリー 評価△:蝶園。ここで飼育繁殖していることは勉強になりました。

7.フローラルショーケース 評価―:花の温室。時間不足で行けず。

8.WEGO2日券 評価△:30分から1時間に1本しか運行していないので不便。朝は10時から運行。

9.NOTL(ナイアガラ オン ザ レイク)までの往復 評価◎:ナイアガラから1時間かかるが、雰囲気がいい町。一泊してもいいかも。

10.インクライン レール ウエイ 評価〇:テーブルロックからホテルへのルートとして活用。

アメリカ東海岸 (ボストン) 

9月17日(月)

7時のバッファロー空港発ボストン行便に乗るため、4時半にホテルをタクシーで出発しました。ホテル受付で聞いたところ1.5時間あれば大丈夫ということです。国境検問所では、ドライブスルーという訳にいかず、別室で指紋採取され6ドル要求されました。事前のESTA登録は不要だったかもしれません。ここで20分かかり、空港の保安チェックで30分要したため、1時間余裕を見て正解でした。

ボストン到着後は、荷物をホテルに預け、ボストン美術館の朝10時の開門に並べる余裕です。今日も1日が長そうです。モネのラジャポネーゼの大きさにびっくり。美術館を3時間で回り、クインシーマーケットで、ガイドブック記載のロブスターロールを食べました。その後フリーダムトレールからボストンコモンを通り、ビーコンヒルを散歩して、ハーバード大学まで足をのばします。ホテルは、プレデンシャルセンターとシンフォニーホールの中間にあり、あらたか1日で主要観光スポットを巡った忙しい日となりました。あっ、レッドソックス拠点のフェンウエーパークへ行くのを忘れてしまった。

アメリカ東海岸 (ニューヨーク)

918日(水)-20日(木)

ニューヨークへ向かうバスは、途中大型ハリケーン「フローレンス」の通過と重なり、途中悪天候の中の移動となりました。ホテルでチェックインを済ませ、自然史博物館へ行こうとしましたが、地下鉄を何度も方向を間違えたり、乗った車両の行先自体が変更されたりで、結局1時間以上無駄にしてしまいたどり着けません。予約した「アラジン」の時間に間に合わなくなるので、あきらめタイムズスクウエアに向かいました。ミュージカルはディズニー映画で見ているので筋はよくわかりましたが、曲間の笑いのツボがよくわからないのは悔しいですね。

翌日は朝からメトロポリタン美術館へ行きました。グランドステーション駅で写真を撮り、昼食はウルフギャングのランチにしました。おいしかったのですが頼んだチョップステーキがハンバーグとは気づかず残念でした。夜はニューヨークヤンキーズの試合と、またまた忙しい一日となってしまいました。先発投手は田中ではありませんでしたが、球場内の声援は日本の球場以上に熱いと感じました。相手のボストンレッドソックスの優勝がかかる試合だったせいでしょうか?

ニューヨーク3日目は、朝一で自由の女神の島へ渡り、エリス島の博物館で移民の歴史を勉強しました。近くのリトルイタリーでお祭りと聞ききましたが、まだお昼前であまり活気がありません。セントラルパーク、マジソンスクウエアーガーデンや近くのデパート、5番街のトランプタワー、ティファニーを歩き、ロックフェラーセンタ屋上の夜景を楽しみました。

ニューヨークシティパスがあるため非常に慌ただしくなりました。結構高額ですが、購入は不要だったような気がします。寸評は次の通りです。

メトロポリタン美術館 評価◎:行くべき。

エンパイヤステートビル 評価△:高層ビルはロックフェラーセンタだけで十分。

911博物館 評価△:重いテーマなので、観光気分には合わない。

自由の女神クルーズ 評価◎:一度は行きたい。

自然史博物館 評価△:プラネタリウム時間予約のため、一般列に並ぶ必要があり不満。

トップオブザロック 評価〇:夜景はきれい。広がりなら東京も負けないかも。

アメリカ東海岸 (ワシントンDC

921日(金)-23日(日)

あわただしい旅行も終盤となりました。ニューヨークからバスでワシントンのユニオンステーションに到着しました。近くのヒルトンホテルには昼過ぎにチェックインできましたが、トイレが流れず部屋を変えてもらったり、移った部屋の鍵が開かなかったり2回部屋を変わったので時間を要してしまいました。

市内中心部まで歩いてみます。国会議事堂は見えるのですが、町の中心部が広々としているので、歩くと意外に遠く、妻に不評を買いました。最初からサーキュレータという$1のバスでユニオン駅とリンカーン記念堂間を利用すべきでした。ナショナルギャラリーを入館して、今回の旅行で東海岸の3大美術館の制覇となりました。自分の評価では、メトロポリタン美術館>ナショナルギャラリー>ボストン美術館です。同じ作者の同じ構図の絵画が何点もあり、混乱してきそうです。

スミソニアンの素晴らしいところは、全部無料ということです。ナショナルギャラリー以外に航空宇宙博物館と自然史博物館へ行きましたが、他にも素晴らしい場所が沢山あります。また、メールで予約して国会議事堂ツアーにも参加しました。食堂も充実しランチに利用しました。最後にアーリントン墓地を回り、ペンタゴンシティというショッピングセンターで全日程終了となりました。郊外のショッピングセンターは、まるで地元のららぽーとのようで、落ち着いて妻の買い物の時間を待つことができました。

最終日、空港へ向かうのにちょっとヒヤッとしました。日曜日はなんと地下鉄の始発が朝8時半と遅く、乗換駅でも30分待つことになり、アメリカの首都も意外に不便だと思いました。帰りのANA便はプレミアムエコノミーにアップグレードされていましたが、13時間近いフライトはとても長いですね。成田では娘家族が迎えに来てくれ、孫の顔を見れて嬉しかったです。

アメリカ東海岸 (スケジュール、費用、反省)

スケジュール:

1日目:914(金)21:50(羽田)→NH116→14:45(バンクーバ)17:30NH6808→0:55(トロント)

2日目:915(土)08:00(トロント)→メガバス→09:30(ナイアガラ)ナイアガラ観光

3日目:916(日)ナイアガラオンザレーク等観光

4日目:917(月)07:00(バッファロー)→DL5893→08:33(ボストン)ボストン市内観光

5日目:918(火)10:00(ボストン南駅)→メガバス→14:15(ニューヨーク)ミュージカル鑑賞

6日目:919(水)ニューヨーク観光、野球鑑賞

7日目:920(木)ニューヨーク観光

8日目:921(金)08:00(ニューヨーク)→メガバス→12:15(ワシントン)ワシントン観光

9日目:922(土)ワシントン観光

10日目:923(日)12:20(ワシントン)→NH001→成田

11日目:924(月)15:25成田着

費用

二人分の合計費用:678,869

1.交通費 小計:304,116

ANA往復航空券:251,620

バッファロー/ボストン航空券:16,016

トロント/ナイアガラバス代:3,723

ボストン/ニューヨークバス代:5,199

ニューヨーク/ワシントンバス代:3,930

ボストン地下鉄:1,656

ニューヨーク地下鉄:7,552

ワシントン地下鉄:3980-

ナイアガラ/バッファロータクシー代:10,440-(チップ代1300円含む)

2.宿泊費 小計:120,045

ナイアガラ2泊(ベストウエスタンフォールズビュー):15,200

ボストン1泊(ミッドダウンホテル):17,300

ニューヨーク3泊(LICホテル):64,345

ワシントン2泊(ヒルトンガーデンインUSキャピトル):23,200

3.食費 小計:約80,000-

4.イベント費 小計:85,631

ボストン美術館:6,397-

野球観戦:9,867-

ミュージカル鑑賞:21,283

ナイアガラパス:19,393

ニューヨークシティパス:28,691

5.その他(WIFI、カナダ/アメリカESTA等) 小計:7,517-

6.お土産 小計 81,560-

反省:

交通費は低く抑えられましたが、宿泊費とイベント費がかさみ、我が家の旅行としては高額になってしまいました。しかし、お土産を除けば、一人30万円でこれだけの見所を回ったことになるので、ツアー行ってもこれ位はかかるのではないでしょうか。ニューヨークとボストンの宿は、これでも最低の価格帯ですが、十分の広さと清潔さでした。

天候にも恵まれ、途中の移動日と最終日以外は過ごしやすい気候でした。真夏だとこの日程ではバテていたかもしれません。最初市内交通は何度か迷いましたが、慣れれば大丈夫です。安全面で特に怖かったことは、国境通過を除き特にありませんでした。チップ代は、ベッドメーク時$2/1日と食事時で食事代に含みました。