10連休に海外

計画

めったにない10連休は、海外旅行の大きなチャンス。今年はベトナムへ行きたいねとお正月に計画し、5万円台の航空券を見つけました。ところが翌日には最安値が7万円台となっています。連休はやはり競争率も高いなとあきらめていましたが、妻が2月半ばにソウル格安便を見つけました。そのために更に休暇を1.5日増やす必要がありますが、シニア契約の身と割り切りました。

JTB調査では、この10連休中の海外旅行者数は66万人で、平均金額は一人26.8万円だそうです。これでは暇はできても、なかなか海外旅行者数は増えません。

旅行日程

日程:2019年4月25日-30日

同行者:妻

4月25日(木)羽田16:10発→金浦18:30着、NH865便

南大門、Tマークグランドホテル明洞泊

4月26日(金)ソウル→新慶州(KTX)、慶州市内観光、国立博物館

慶州GGツーリストホテル泊

4月27日(土)仏国寺、石窟庵 慶州→釜山(バス)、国際市場

東横イン釜山駅前泊

4月28日(日)釜山→ソウル(KTX)、徳寿宮、明洞

ベストウエスタンプレミアソウルガーデンホテル泊

4月29日(月)宣陵、江南、高速バスターミナル、仁寺洞

ベストウエスタンプレミアソウルガーデンホテル泊

4月30日(火)戦争記念館、仁川15:45→成田18:15、NH6979便

予算 8万円/一人

感想

1.韓国新幹線KTX予約はKORAILのWEBから簡単でした。韓国の物価は日本と変わりませんが、鉄道、地下鉄の移動費用はかなり安い。

2.慶州市内には新羅時代の古墳群が多くあり、雰囲気は好きです。未発掘古墳から新たな発見があると、再び脚光を浴びるかも知れません。

3.仏国寺と石窟庵は世界遺産のセットとして計画されると思いますが、その間の往復バスは1時間に1本と不便です。せっかくたどり着いても、えーこれだけと思ってしまいました。帰りは山道を下って歩き30分でした。

4.釜山の国際市場周辺はエネルギーに満ち溢れた町ですが、自分は頭がクラクラしました。

5.麻浦のホテルは、明洞まで3駅なのに30分かかりました。空港鉄道線は地下7階で、ソウル駅での乗り換えも10分以上歩きます。意外にタクシーが安くて便利かもしれません。ホテル自体は快適です。

6.高速バスターミナルの雑貨街は若い女性には楽しいでしょう。

7.戦争記念館の展示は朝鮮戦争(韓国では6・25戦争)が中心です。仁川上陸作戦はまるでテーマパークのアトラクションでした。

8.金浦空港は楽しくないとの妻の発言で、わざわざ遠い仁川/成田線を予約しました。

9.韓国も慣れてきて日本人が少なそうな場所を歩きましたが、所々で日本人の姿を見ました。