選ばれし者

成田搭乗口の向こうには、大きなカメがペイントされたハワイ行の飛行機が見え、気分が高まります。

搭乗券をタッチすると、ピンポンと鳴り、「ランダムで選ばれた、追加保安検査にご協力お願いします。」と言われました。

脇には、ゴム手袋をはめ、試験紙を持った女性がいます。

昨年、カナダの空港でも同じような経験があり、状況を察しました。

これは、硝煙反応検査で、拳銃や爆発物に接していないかの検査です。

「日本人で、拳銃を扱った人はめったにいないと思いますよ。」と嫌味を言いましたが、係員は顔色も変えず、私の両手に試験紙を付け、装置で確認しました。

「はい、ご協力ありがとうございます。」と検査自体は1分もかからず終了しました。

何故、自分が選ばれたのでしょうか?そんなくじ運がいい方ではないので、2回選ばれる確率は宝くじに当たるくらい低く、ランダムに選ばれたという説明は納得できません。

後から調べると、航空券に SSSS(Secondary Security Screening Selection)と印字されると、追加検査の対象となるようです。

ここで疑問ですが、SSSSの意味を知っている拳銃取扱者は、検査前に、トイレで必死になって、手を洗うので、検査の効果がないのではないでしょうか?

とにかくアメリカ当局に目を付けられたようで、決していい気分ではありません。さて、思い当たる点は、

・今回、パスポートを切り替えて初めての海外です。

・去年、アメリカへはナイアガラから陸路で入国しました。

・ワシントンDCの国会議事堂の見学ツアーに参加しました。

・これまでのアメリカへ入国回数は10回以下です。

・ロサンゼルスで駐車違反したことがあるが、すぐに罰金を支払いました。

・中東諸国への渡航歴はありません。

どなたか、アメリカ当局の方、私の素行に何か問題があれば教えてください。